孤独死と葬儀!体験者が語るおすすめの安い火葬式や家族葬4選

白布に白バラ

孤独死した叔父

警察からの電話

震えながら…最初にやること

葬儀屋を探さなきゃ

葬儀社探しを急ぐ理由

遺体を引取りに行ってもらう
火葬する日まで安置してもらう
安い料金の会社を自分で探す

注意!料金の高い葬儀会社

テレビCMやGoogle広告などで『安い』と記されていても誘導されないで欲しい。

是非、業者に見積もりの問合せをしてもらいたい。

基本料金プランは安いのに、実際に見積もりを出してもらうと高かったからです。

なので、
経験者目線で紹介します。

この記事の内容は以下の通り。

全部で4社紹介します

安さで選ぶ葬儀社2つ
海に散骨したい方はこの1社
負担ゼロでお別れ会をするならこの1社

葬儀の値段知りたい

一番安くできるのは火葬式(直葬)という形式です。

私が経験した火葬式の例

プラン料金+火葬料+追加料金

合計は19万円でした。

(火葬料は場所によって料金が異なる)

私が支払った実際の見積もり書は、下の【注意!追加料金について】にのせています。参考にしてください。

 

特殊清掃と遺品整理に関して↓

関連記事

無理…孤独死の部屋掃除腐乱遺体が発見された部屋怖くて中に入る事もできなかった…早く特殊清掃業者を探さなきゃネットは広告ばかりで怪しい部屋掃除の料金はいくらだろう?遺品整理はどうすれば良い?[…]

部屋に骸骨

葬儀の種類3つ

どの形式でお葬式を行うのか決めます。

種類は簡単に分けると3種類。

火葬式(直葬)

遺体が腐乱した場合やコロナ等の病死は火葬式が主流です。

お葬式を行わないので安いのが特徴。

火葬場に親族が直接集合 
  ↓
火葬炉の前でお別れをして火葬

家族葬

一般のお葬式と流れは変わらない。

家族や親しい人だけで見送るので少人数なのが特徴。

お通夜
 ↓
葬儀と告別式
 ↓
火葬

一般葬

お葬式に呼ぶ方の範囲が大きくなります。

仕事関係、学校関係、近所の方など、遺族と参列者が故人を偲ぶ一般的なお葬式。

お通夜
 ↓
葬儀と告別式
 ↓
火葬

火葬料は返金してもらる

注意!役所に申請しないともらえない

火葬料(葬祭費)返金

国民健康保険に加入している場合は火葬料1万〜7万円支給されます。

火葬料の請求先は、亡くなった方の住民票がある役所です。

電話で問い合わせをして、郵送で手続きをすれば受け取れます。

埋葬料の返金

会社員で健康保険や協会けんぽに加入している場合は「埋葬料」を申請できます。

安くできる葬儀おすすめ2つ

棺と参列者

下の3社から見積もり出してもらう
  ↓
安いところで契約をすればOK

①葬儀コンシェル

葬儀コンシェル

プラン料金割引料金
最小限プラン132,000円126,500円〜
火葬式

198,000円

192,500円~

一日葬

327,800円

322,300円~

家族葬

437,800円

432,300円~

自宅家族葬

382,800円

377,300円~

メリット
 

業界最安水準の葬儀プラン
全国の葬儀場を選べる

電話での問合せは割引がありません
先に資料請求か問合せがお得です
5,000円の割引公式サイト↓
葬儀コンシェル


②心に残る家族葬

心に残る家族葬

プラン料金割引料金
最小限プラン

143,000円

136,000円
お別れ葬式

175,000円

168,000円

一日葬

335,000円

328,000円

自宅葬

395,000円

388,000円

家族葬

495,000円

488,000円

メリット
追加料金0円で業界最安水準
葬儀費用の返金保証があり安心

資料請求をすると割引があります
割引公式サイト↓
心に残る家族葬

 

 

注意!追加料金について

セットプラン+追加料金

セットプランで〇〇万円と書かれていても、その他の費用は必ずかかります。

プランが安くても追加料金が高い場合もあるので注意が必要です。

実際の見積書内容です↓
表⑦〜⑪が追加料金です。

ちなみに、死亡した方の住居場所で火葬する場合はもっと安いです。
私の自宅付近の火葬場まで移動したので、料金が高くなっています。

自分で準備できるもの

◯お別れに供えるお花5千円〜1万円分

◯遺影は自分で作っても良いし、無くても良い。

◯故人の宗派があればお寺への手配をします。業者にお願いする事もできますが、オプション料金がかかります。

見積もり時に追加料金を聞く

メールで何を質問すればよいか分からないですよね。 

なので、質問する内容を作成しました。


◯遺体を安置できる期間は何日ですか。平均3日位
◯プランの安置期間を超えた場合1日いくらですか。
◯火葬場への距離が遠い場合いくらかかりますか。
◯遺体の状態が悪い場合の処置費用はいくらですか。
◯ドライアイス代の追加料金はありますか。
◯骨壷(収骨容器)が別料金の場合いくらですか。
◯寝台自動車は別途かかりますか。
◯その他に追加料金はありますか。


葬儀社にメール相談する際の参考にして下さい。


ここから下は火葬後の提案になります。

海に散骨するならこの1社

海に花

③Aクルーズ 

数少ない散骨のプロ業者です。

お墓よりも海に散骨したい人もいるはず。

だけど値段が高いのでは?

代行委託散骨プラン   44,000円
合同乗船散骨プラン 132,000円
貸切乗船散骨プラン 242,000円

お墓より、かなり低料金。

自然に帰るという供養の形として選ばれています。

メリット

散骨込みで追加費用が一切ない
全国の海域に対応している

 

現在は割引があります
こちらからメール資料請求
公式サイト↓

 

お別れ会するならこの1社

葬儀は家族だけで終わらせて、後からお別れ会をする人が増えています。

会費制にしてレストランなどでお別れ会ができる。だから主催者の負担ゼロなのが魅力。

④ストーリー 

story バナー

お別れ会をする理由:例

◯葬儀に参加できなかった友人知人などから促されて開催するケース

◯亡くなったことを後から知った友人知人が遺族と相談して発起人となり開催するケース

◯会社が主催で偲ぶ会をするケース

◯四十九日、一周忌、三回忌など、同窓会を兼ねてみんなと集まりたいケース

メリット

会費制にすることで主催者の負担をゼロにすることができる

料理を立食のビュッフェ形式にすることで雰囲気を明るくカジュアルにすることもできる

会費制の料金は?

1人5,000円〜15,000円ぐらい

 

当日の進行までトータルサポートをしてくれます
お別れ会を考えている方はこちらからメール相談して下さい
公式サイト↓
story バナー

まとめ

同じ経験をされている方は

心身ともに疲れているはずです。

葬儀社を探すのが大変だと感じる方は、上記の葬儀社を参考にしても良いかと思います。

白布に白バラ
最新情報をチェックしよう!